財産評価基準通達

財産評価基準通達とは、人がなくなった時に、その人の財産を評価しなくてはなりません。
なぜならば、その故人の財産は現金だけではないことから財産評価をする必要がございます。
例えば土地や建物に関して、その土地や建物がどのくらいの価値があるのかを、金銭にするとどのくらいの金額になるのかという事を評価していく必要があります。
続きを読む 財産評価基準通達

財産評価について

突然訪れた不幸。
大切な人が突然死を迎え、また残された家族は悲しみの中、様々な手続きをしなければなりません。
まずはじめに葬儀会社を決めなくてはなりません。
誰しもが突然訪れたその日に、葬儀会社を決め、ご遺体を運んでいただきます。
そして通夜、火葬、葬儀をして故人をおくりだし、初七日、四十九日と法要をします。
その間、遺産相続も分配しなくてはなりません。
続きを読む 財産評価について

共有財産の財産評価

相続、よく巷でも耳にする遺産相続、自分には関係ないかなと誰もが思いがちですが、突然やって来て戸惑ってしまわないように、自分にもそんなときが来るかもと心構えをしておくと良いでしょう。
遺産相続には被相続人と相続人があります。
被相続人は亡くなった人です。
相続人は相続を受けることのできる親族です。
相続人が何人もいる場合は、遺言状があれば、その遺言状を無い場合はより被相続人に近い順番に相続します。
続きを読む 共有財産の財産評価

財産評価 建物編

ある時突然やってくるかもしれない遺産相続。
誰もが他人事と思っていると突然自分にやって来て、どうしたら良いのか全くわからなくて困り果ててしまうなんて言う事も少なくありません。
大切な人がなくなり、通夜、葬儀、そして初七日49日までは、言葉は悪いですが、悲しみに浸る暇もなく、忙しい毎日が過ぎていきます。
そんな中忘れがちなのがこの遺産相続の問題です。
続きを読む 財産評価 建物編

財産評価基準書とは

遺産相続、まさか自分は遺産相続なんて関係ないと思っていたのに、突然やってきた相続問題。
遺産相続は誰にでも起こりうるのです。
そして遺産相続で揉めないようにしっかりと明確な財産分与をするようにしましょう。
遺産相続には聞きなれない言葉がいくつか出てきます。
ここでは財産評価基準書について、ご説明させていただきます。
続きを読む 財産評価基準書とは

財産評価とは

財産評価とは、簡単に言うと、財産の評価をして、それがどのくらいの価値なのかを、明らかにすることを指します。
遺産相続をする際に、この財産評価は必ず必要となります。
というのも財産は預貯金だけではございません。
土地や建物、株式なども財産となります。
続きを読む 財産評価とは