相続と土地財産評価を依頼しよう

相続について不動産の評価方法は被相続人がなくなったその日の時価で評価されます。
時価=その日の価格です。
時価を調べる基になるものは、財産評価基準通達というもので定められておりますので、そこから時価を出すことが出来ます。

宅地の評価には2通りの評価方法があります。
それは路線価方式という計算方法と、倍率方式という計算方法です。
どちらかの方式により宅地の評価が行われますが、どちらの評価基準になるかというものは自由に決めることが出来るわけではありません。
路線価方式を定める場合は路線価が定められている市街地にある場合です。
その場合は、路線価を基準にして計算します。
路線価とは、道路につけられている価格です。
またこの路線価図を見る場合は税務署に行くと閲覧することが出来ます。

倍率方式で出す方法は固定資産税に一定の倍率をかけて出します。
この一定の価格はすでにその地域により決まっております。
税務署や国税庁等またホームページでもこの倍率表を閲覧することが出来ます。

また上記を元にして土地の財産評価をしていきます。
計算方法はインターネットなどでも詳しく説明されておりますので、大体の評価額を知ることが出来ます。

また相続に関しては相続税の問題などもございますのでやはり専門家に依頼することをお勧めします。
それではどの専門家に依頼するのか、全く何も進んでいない状態でしたら、税理士に相談するのがベストでしょう。
その他にも司法書士や不動産コンサルタントなどに相談してみても良いでしょう。
どこも連携しておりますので、相談に行った窓口から税に関しては税理士というようにサポートしてくれますので、まずは専門家に相談してみるのが良いでしょう。

土地の相続は現金ではない分、相続でもめたという方が多いのも事実です。
第3者の詳しい専門家が入ることでスムーズに相続を進めることが出来ますので、難しい遺産相続は専門家へ相談することが良いと思われます。