相続に必要な財産評価

意外と知らない相続について分かりやすくまとめてみました。
まずは被相続人と相続人について簡単ではありますがご説明してみましょう。
被相続人とは、亡くなって相続をされる方です。
また相続人は遺産を相続する方です。

また相続は法律で決められている法定相続人というものがあります。
この法定相続人とは、相続をされる権利のある親族を指します。
この法定相続人には順位がございます。
近い人から相続の分配が行われます。
また配偶者は相続順位とは関係なく、必ず配偶者には相続がされます。
相続第一位は被相続人の直系卑属になります。
直系卑属とは、子供や孫、ひ孫などがあげられます。
相続第2位は被相続人の直系尊属です。
直系尊属とは、被相続人の親または祖父母です。
相続第3位は、被相続人の兄弟やその子供です。
このように相続される人は決まっております。
また遺言などがある場合はそちらも重要になってきます。

相続をされる人、相続人を確認しましたら、相続の内容を全て確認する必要があります。
財産は預貯金だけでないことがほとんどです。
そのため、土地や建物、株式など被相続人が所有している財産の評価をする必要があります。
これを財産評価と呼びます。
財産評価をすることで、相続人への分配が出来るようになります。
財産評価は税理士などに依頼するとスムーズに進みます。
土地などの素人ではなかなか評価できないものは不動産鑑定士などが評価をします。
このようなものすべて税理士に依頼をすると税理士さんの方ですべて評価を出して財産分与をしてくれます。
また相続の無料相談なども試してみると良いです。
普段の生活ではあまり税理士さんとなじみが無かったり、どこへ行ったらよいかわからない方は、まずは無料相談を利用するのが良いでしょう。

相続は突然やってくるものです。
誰もが他人事だと思っていたらまさか自分がという相続。
分からないことは専門家に相談してもめない相続をしましょう。