財産評価とは

財産評価とは、簡単に言うと、財産の評価をして、それがどのくらいの価値なのかを、明らかにすることを指します。
遺産相続をする際に、この財産評価は必ず必要となります。
というのも財産は預貯金だけではございません。
土地や建物、株式なども財産となります。

預貯金いわゆる現金のみを遺産相続で振り分ける場合はそんなに難しい事はございません。
現金の場合は、金額が明確です。
財産の分与の割合さえ決まればすぐに分けることが出来ます。
しかしながら、財産が預貯金のみという方はあまり多くございません。
大体住居としていた家(建物)と土地の財産を分与することになります。
この住宅などの現金ではないものは、どのくらいの価値があるのか評価をする必要がございます。
この家は現在の評価額ではどのくらいなのかという価格を出して評価をします。
また株式や公社債も評価をします。
今現在の価値で評価します。
上場している株であれば、その時の価格で評価がされるようになります。

財産評価の専門家を訪ねてみると良いでしょう。
相続に関しては税理士に依頼すると良いでしょう。
しかし、今まで税理士に依頼したことなどがない、またはどこに相談したら良いのかわからないという方はお住まいの市役所、区役所、町役場の相続手続きの無料相談会などに参加してみるのも良いでしょう。

またインターネットで相続相談と検索してみるのもおすすめです。
色々な相続についての疑問や流れなどが詳しく解説されております。
また無料相談もありますので、まずはそういった無料相談をうまく利用してみると良いかもしれません。

遺産相続は何となく自分には関係ないや。
お金がある人たちの問題なのでしょう。
なんて思っていると、実際に亡くなってから大慌てなんていう事もあります。
遺産相続は他人事ではございません。
誰もが突然やってくるかもしれないという事を頭の片隅に置いておくと少し安心ですね。
相続評価は税理士に依頼するのがベストです。