財産評価の調べ方

ある日突然、大切な人が亡くなり突然訪れる相続。
突然の事で何から手を付けてよいのか、相続まで頭が回らなかったというようなお声を聞きます。
しかし相続は財産がある限り必ずおとずれます。

相続の際にはまずは、故人である被相続人の財産を明確にする必要があります。
財産はどんなものがあるのか、またその財産を受け取る権利のある人(相続人)は誰なのかという事を明確にしていく必要があります。
相続人は普段から親しくしている人や近くに住んでいる人とは限りません。
中には相続人となってから始めて会うなんて言う事もあるかもしれません。

また財産評価をすることにより、現金ではないもの、例えば、土地や建物などもお金に換算して評価します。
財産評価をすることにより、被相続人の財産を分配しやすくなります。
では財産評価の調べ方はどのようにするのでしょうか。

まずは財産をまとめたものをメモしていきましょう。
その中で預貯金はそのままの価格となります。
一番多いのが土地建物です。
土地や建物は素人では現金の価値が出せないので一番もめるのもこの土地建物です。
その土地がある場所の近隣の発展などにより大きく価値が変わりますのでこれは専門家に評価をしてもらう必要があります。
不動産鑑定士が評価をしますが、不動産屋さんや税理士に相談をしても紹介または依頼してもらうことができます。
また株式、公社債などは亡くなった時の時価で決めます。
その他にも金や車なども相続に入ってまいりますので、すべてを現金での価値に評価することを財産評価と呼びます。

財産評価をする際に価格を決めるのは被相続人がなくなった時、その時の価格、時価で決めていきます。
この基本となるものは国税庁が公表しております、財産評価基本通達というものを評価の基準にして評価をします。
これらすべてのものは専門家に相談することがスムーズになります。
税理士や、地域の無料相談などを利用することもできますので、専門家への相談をしてみるのが良いでしょう。