非上場株式の財産評価基本通達

財産評価

会社には、それぞれ上場株式と非上場株式があります。
これは株式会社などにおいて上場しているのかどうかを示す言葉でもあります。
実際に財産評価基本通達でも、これらの点に関してはしっかりと言及されているので注意が必要となります。
財産評価をする時、その会社や企業が上場株式なのか非上場株式なのかによって、評価も変わってきます。
だからこそ、財産評価基本通達ではそれらの項目ごとにもしっかりと明記しているのです。
ただ、専門用語が多いので噛み砕いて説明しないとわからない方も多いでしょう。
ここでは基本的なことを噛み砕いて説明していくので、その点を留意して読み進めてみてください。
 
主に財産評価での話となるので、相続や贈与を考えている方は特に注意が必要となります。

基本的な知識だけでも良いので身に付けておくようにしてください。

基本的に財産評価基本通達では、それぞれの会社の評価をどのようにしていくのか定めています。
これはとても簡単に言っているのですが、企業ごとに持っている財産は違ってきますので、それをあくまでも評価する基準みたいなものです。
例えば、会社として活動している組織の場合は、土地や建物など不動産を持っていることが多いでしょう。
その不動産に関しては、相続や贈与の際に価値を再度評価していくことが必要となります。
面倒なことだと思うかもしれませんし、実際に手間もかかります。
しかし、この評価があるからこそ、多めに税金を取られなくて済むのです。
まず、基本的に土地や建物というのは、年々価値が変動していくものです。
土地は路線価などによって価値があがれば、評価も高くなります。
逆に建物は年々老朽化が進んでいくので、価値も低下していきます。
そうなった時、よりその当時の適正に合わせて課税すべく、財産評価をおこなっているのです。
それを示す指標のようなものが財産評価基本通達だと言えるでしょう。

上場株式の場合も非上場株式の場合も、相続や贈与の際には財産を評価しなくてはなりません。
ただ、株式会社の場合はその評価も変わってくることが多いので注意が必要となるでしょう。
難しく聞こえてしまったかもしれませんが、簡単に言えば会社の評価は上場しているかどうかによっても変わってくるということです。
相続や贈与を視野に入れている方は、その点も加味して対処していくことが必要となります。
わからないことがあれば、専門家に相談してみてください。